waシステム:観光ガイド・アプリのコース作成の流れ

A-1:人の周遊を促すのに適した観光ガイド・アプリ

観光ガイド・アプリは、複数のスポット(目的地)で構成されたコースを周遊するスマートフォン向け観光アプリケーションです。GPSなどを活用したスポット(目的地)へのナビゲーション機能のほか、コースの周遊を終えると「クリアメダル」を獲得できるゲーム性や、提携店舗・施設の電子クーポン発券機能を有しています。

観光ガイド・アプリは、ニュートロンスター独自のSociety 5.0プラットホーム「waシステム」で管理されており、観光ガイド・アプリのコースは、企画、現地ロケーション(取材、撮影)、素材(文章、画像)の作成、waシステム管理画面への入力・編集、現地テストの手順で、誰でもブログのように簡単に作成できます。

 

A-2:コースの企画

観光ガイド・アプリのコース概要を企画します。

コース作成に当たって、どのようなテーマで、どの地域、どのような人たちを誘致し、どのように行動してもらいたいのか、下記の留意点を踏まえて、企画してください。

 ・コースは、複数のスポット(目的地)で構成します。
 ・スポット(目的地)の位置情報は、GPSもしくは電子ビーコンで付与します。
 ・スポット(目的地)の到着時に表示される紹介文には、AR動画やクイズも追加できます。

1コース当たりのスポット(目的地)数は5~6カ所程度、周遊時間は30~1時間程度で構成するのが目安です。同時に複数のコースを設定できます。

 

A-3:現地ロケーション

企画案に提案されたスポット(目的地)の現地ロケーションをします。

スポット(目的地)の紹介写真は、建物やオブジェクトを撮影して準備してください。
スポット(目的地)の紹介文は、店舗・施設関係者への聞き取りや資料収集をして準備してください。
GPS位置情報は、googleマップなどの地図アプリから取得してください(GPS誘導が難しい地点へ、電子ビーコンを設置する場合、設置許可を取得してください)。

 

A-4:素材の作成

waシステム管理画面へ入力する素材(画像、文章)を作成します。

現地ロケーションで取得した情報は、waシステムへ入力できる画像、文章に作成、加工してください。
AR動画やメダルの素材は、別途、フォーマットに従って作成してください。

詳細は「waシステム:設定マニュアル(観光ガイド・アプリケーション)」をご参照ください。

 

A-5:waシステム管理画面への入力・編集

waシステム管理画面へ、作成素材(画像、文章)を入力します。

waシステム管理画面へ、作成素材(画像、文章)を入力し、観光ガイド・アプリのコース、スポット(目的地)を作成してください。

詳細は「waシステム:設定マニュアル(観光ガイド・アプリケーション)」をご参照ください。

 

A-6:現地テスト

観光ガイド・アプリを使用して現地テストします。

waシステム管理画面で作成、観光ガイド・アプリに反映したコース、スポット(目的地)が正常に動作するか、観光ガイド・アプリを使用して現地でテストします。特にスポット(目的地)が指定地点で反応するか、位置は適切か、入念に確認してください。

  ⇒次に行く:B-1 アプリへの反映箇所